Home > スポンサー広告 > 開業当初の患者さんです。経過観察20年!開業当初の患者さんです。経過観察20年!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://osakikyosei1.blog122.fc2.com/tb.php/46-3e89b9a2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 歯を抜いて行う矯正治療[大凬矯正歯科クリニックの症例集・抜歯矯正]

Home > スポンサー広告 > 開業当初の患者さんです。経過観察20年!開業当初の患者さんです。経過観察20年!

Home > 抜歯症例 > 開業当初の患者さんです。経過観察20年!開業当初の患者さんです。経過観察20年!

開業当初の患者さんです。経過観察20年!開業当初の患者さんです。経過観察20年!

  • Posted by: ワイヤーベンダーB
  • 2011-11-19 Sat 13:55:56
  • 抜歯症例
                生涯自分の歯で食べれる]

[生涯自分の歯で食べれる]を矯正治療の目標に今まで治療を行ってきました。これからも、1人でも多くの人が、1日でも長く、自分の歯で食べれるようにがんばりたいと思っています。


             この症例は、開業をした当初(昭和60年頃)の患者さんです。
           無理を言って長期経過を見せていただきました。ありがとうございます。





                       【症例 1】
                      上顎前突 抜歯症例


  治療前 (25y8m)


A_05  A_06 A_07
A_08 A_09 A_10

初診時の写真です。年齢は25才8ヶ月。出っ歯による口元の突出感を主訴で来院しました。

顔の非対称はありませんが、下あご(オトガイ)の引けた、典型的な出っ歯の横顔をしていました。歯が出ているため唇がやや厚く、口を閉じても歯が少し唇からはみ出てしまいます。
歯のでこぼこは上の歯列にわずかに見られました。歯列の形は、上下共に前方部で尖ったV字形をしていました。上下の真ん中も少しずれています。

診断
  出っ歯(上の歯並びと下の歯並びの前後的ずれ)を治すのであれば、歯を抜かなくても改善すると思われまし
  たが、横顔の突出感、上の前歯の前方への傾斜が改善しないため、抜歯治療を選択しませんでした。

  抜歯部位 64 48 の6本を抜歯しています。(上下左右第一小臼歯と右上第一大臼歯と左上親知らず)
        4 4

抜く本数だけ見るとびっくりしますね






  治療直後(30y9m)
    治療期間 4年7ヶ月(実際の治療開始時期と装置除去時期は写真の年齢と異なります。)


C_05.jpg C_06.jpg C_07.jpg
C_08.jpg C_09.jpg C_10.jpg

問題点はほぼ改善ができたと思います。


治療前(25y8m)と治療直後(30y9m)の比較



横顔の比較です。プロプァイルは数段きれいになったと思います。
最初後退していた下あご(オトガイ)も前方に出てきました。歯が出ているため唇がやや厚く、口を閉じても歯が少しはみ出ていましたが、唇の厚みも標準的な厚みになり、口も閉じやすくなりました。
とてもきれいな横顔になりました。

                     治療前 (25y8m)
A_05 A_06 A_07
                     治療直後(30y9m)
C_05.jpg C_06.jpg C_07.jpg

上の前歯の傾斜も改善され、上下の歯の真ん中のずれもきれいに治っています。

歯を動かして治す治療はこれでおしまいです。これからはこの状態を維持することになります。






治療後3年10ヶ月経過(34y4m)

D1_05.jpg D1_06.jpg D1_07.jpg
D1_08.jpg D1_09.jpg D1_10.jpg

以前に虫歯治療されていたところをやり直し、とてもきれいになってます。

治療直後(30y9m)と治療後3年10ヶ月経過時(34y7m)の比較

                    治療直後(30y9m)
C_05.jpg C_06.jpg C_07.jpg
                    治療後3年10ヶ月(34y4m)
D1_05.jpg D1_06.jpg D1_07.jpg


                    治療直後(30y9m)
C_08.jpg C_09.jpg C_10.jpg
                    治療後3年10ヶ月(34y4m)
D1_08.jpg D1_09.jpg D1_10.jpg

治療が終了して3年10ヶ月が経過しましたが、治療直後と比べ後戻りもみられず、とても安定しています。
矯正治療前に治療していた虫歯をもう一度治療しとてもきれいになっています。






  治療後10年11ヶ月経過(41y8m)

D2_05.jpg D2_06.jpg D2_07.jpg
D2_08.jpg D2_09.jpg D2_10.jpg

治療後約11年が経過していますが、とても安定しており、治療直後と比較しても後戻りは見られません。






  治療後19年5ヶ月経過(50y1m)


10.04.09_50y1m_05 10.04.09_50y1m_06 10.04.09_50y1m_07

010.04.09_50y1m_08 10.04.09_50y1m_09 10.04.09_50y1m_10
後戻りも無くとても安定しています。歯ぐき(歯肉)も健康で。歯も一本も抜ける事無く健康なお口ですね。


治療直後(30y9m)と治療後19年5ヶ月経過(50y1m)の比較

  治療直後(30y9m)
C_05.jpg C_06.jpg C_07.jpg
  治療後19年5ヶ月経過(50y1m)
10.04.09_50y1m_05 10.04.09_50y1m_06 10.04.09_50y1m_07

  治療直後(30y9m)
C_08.jpg C_09.jpg C_10.jpg
  治療後19年5ヶ月経過(50y1m)
010.04.09_50y1m_08 10.04.09_50y1m_09 10.04.09_50y1m_10

この様に歯を沢山抜いても、治療期間が少し長くかかっても、長い人生から見ればほんの一瞬です。きちっとした矯正治療を行うことが、生涯にわたって自分の歯で食べれるという『かけがいのない財産』ではないでしょうか。


スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://osakikyosei1.blog122.fc2.com/tb.php/46-3e89b9a2
Listed below are links to weblogs that reference
開業当初の患者さんです。経過観察20年!開業当初の患者さんです。経過観察20年! from 歯を抜いて行う矯正治療[大凬矯正歯科クリニックの症例集・抜歯矯正]

Home > 抜歯症例 > 開業当初の患者さんです。経過観察20年!開業当初の患者さんです。経過観察20年!

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。