Home > スポンサー広告 > 症例5 叢生【八重歯】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://osakikyosei1.blog122.fc2.com/tb.php/51-7759f2be
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 歯を抜いて行う矯正治療[大凬矯正歯科クリニックの症例集・抜歯矯正]

Home > スポンサー広告 > 症例5 叢生【八重歯】

Home > 抜歯症例 > 症例5 叢生【八重歯】

症例5 叢生【八重歯】

  • Posted by: ワイヤーベンダーB
  • 2011-11-19 Sat 14:49:54
  • 抜歯症例
                     症例 5

               叢生【八重歯】12才8ヶ月 男性
                     【抜歯症例】
                  【認定医提出症例8】


 【主訴】叢生(八重歯)を気にして来院されました。口の中を見てみると、左右の犬歯が八重歯になっており、笑った時に八重歯が唇に引っかかるとの事でした。

 【検査の結果】上顎前突(出っ歯)・下顎前突(受け口)はありませんでしたが、頤(オトガイ)の後退感がみられました。歯列弓の形(歯並びの形)はV字型(前がとんがっている状態)でした。歯並びの改善だけなら歯を抜かないで(非抜歯)で治療可能ですが、頤(オトガイ)の後退によるリップバランス(唇のバランス)、正しい口の中の機能の改善には抜歯が必要でした。相談の結果、抜歯して治療することにしました。

 【抜歯部位】
       4X4.jpg  4本の第一小臼歯を抜歯をする事にしました。


                    治療前(12才8ヶ月)
1305_Aマスク_01 1305_Aマスク_02 1305_Aマスク_03 1305_Aマスク_04
1305_A_05 1305_A_06 1305_A_07
1305_A_08 1305_A_09 1305_A_10




                    治療後(15才6ヶ月)
Cマスク_01  Cマスク_02  Cマスク_03  Cマスク_04
C_05 C_06 C_07
C_08 C_09 C_10


前歯の傾斜、歯列の形、頤(オトガイ)を前方へ移動させる事によるリップバランス(唇のバランス)等全て改善できました。治療期間は2年7ヶ月かかりました。


                    治療後3年経過(18才7ヶ月)

10.06.05_1305D1マスク_0110.06.05_1305D1マスク_0210.06.05_1305D1マスク_0310.06.05_1305横D1マスク_04

10.06.05_1305D1_05 10.06.05_1305D1_06 10.06.05_1305D1_07
10.06.05_1305D1_08 10.06.05_1305D1_09 10.06.05_1305D1_10

治療後2年が経ちましたが、後戻りも無く虫歯も無く健康な状態です。


                     【 治療前後の比較 】

横顔の比較


              1305ACD1横顔
             治療前(12才8ヶ月)治療後(15才6ヶ月)治療後2年経過(18才7ヶ月)

歯並びの比較
                     治療前(12才8ヶ月)
1305_A_05 1305_A_06 1305_A_07
                     治療後(15才6ヶ月)
1305C_05 1305C_06 1305C_07
                     療後3年経過(18才7ヶ月)
10.06.05_1305D1_05 10.06.05_1305D1_06 10.06.05_1305D1_07

                     治療前(12才8ヶ月)
1305_A_08 1305_A_09 1305_A_10
                     治療後(15才6ヶ月)
1305C_08 1305C_09 1305C_10
                     治療後3年経過(18才7ヶ月)
10.06.05_1305D1_08 10.06.05_1305D1_09 10.06.05_1305D1_10

治療後2年が経過しましたが、治療直後に比べより一層かみ合わせが良くなっております。また後戻りも無く非常に安定しています。『生涯自分の歯で、おいしい物を沢山食べて下さい。』



            【患者さんからのメッセージ】

  院長   : 「特に今回矯正治療を受けようと思った動機は?」

  H.Y.さん : 「印象の問題と、スポーツ時に八重歯が口内を切ることがよくあったから。」

  院長   : 「歯並びが悪いことが気持ちの上で(精神的に)影響がありましたか?」

  H.Y.さん : 「 笑う時に、歯を見せて笑うことが気になっていた。」

  院長   : 「治療前に不安はありましたか?」

  H.Y.さん : 「特にありません。」

  院長   : 「治療には何本か歯を抜かないといけないと言われて抵抗はありましたか?」

  H.Y.さん : 「正直、抵抗はありましたが、結果的に(歯が少ないことは)気になっていません。」

  院長   : 「治療期間が約2年7ヶ月間かかりましたが、一番苦しかった事は?嫌だった事は?」

  H.Y.さん : 「ワイヤーを調節する際、1日2日は歯が痛み、辛かったです。」

  院長   : 「治療が終わった今の気分は?」

  H.Y.さん : 「とても満足しています。(今の歯並びに)」

  院長   : 「その他何か感想はありませんか?」

  H.Y.さん : 「. . . 」

  院長   : 「これから矯正治療を受けようかと迷っている人に何かアドバイスは?」

  H.Y.さん : 「人の印象として、歯並びは大きいと思うので、是非やってほしいと思います。」

スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://osakikyosei1.blog122.fc2.com/tb.php/51-7759f2be
Listed below are links to weblogs that reference
症例5 叢生【八重歯】 from 歯を抜いて行う矯正治療[大凬矯正歯科クリニックの症例集・抜歯矯正]

Home > 抜歯症例 > 症例5 叢生【八重歯】

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。