Home > スポンサー広告 > 症例6 上下顎前突【上下の前歯の前方傾斜・開口】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://osakikyosei1.blog122.fc2.com/tb.php/52-246bc08c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 歯を抜いて行う矯正治療[大凬矯正歯科クリニックの症例集・抜歯矯正]

Home > スポンサー広告 > 症例6 上下顎前突【上下の前歯の前方傾斜・開口】

Home > 抜歯症例 > 症例6 上下顎前突【上下の前歯の前方傾斜・開口】

症例6 上下顎前突【上下の前歯の前方傾斜・開口】

  • Posted by: ワイヤーベンダーB
  • 2011-11-19 Sat 14:50:32
  • 抜歯症例
                     症例6

          上下顎前突(上下の前歯の前方傾斜・開口)17y6m 女性
                     【抜歯症例】



【主訴】
  17才6ヶ月の女性で前歯で咬めない、および、口元の突出感(横顔の出っ歯感)を主訴で来院しました。

【舌突出癖】
  上下前歯が突出し、咬めなくなった原因は、舌を前方に突き出す癖が原因である事が大半を占めています。また舌の大きさも影響します。抜歯を行うことにより舌の置き場が無くなり上下前歯の間に挟むようになります。この様な症例の治療は、歯を抜いて治療するか、歯を抜かないで治療するかは舌の大きさ、および、舌の使い方によって決定されます。

【検査結果】中顔面の突出感の原因は、骨格的な出っ歯によるものでは無く、上下前歯の前方への著しい傾斜が原因でした。したがってこの主訴を改善するには、上下左右の小臼歯を抜歯する必要がありました。舌と歯列弓の大きさのバランスを確認する必要があります。この症例では下の前歯を約5mm後退させる必要がありました。写真の様に前歯を後退させるスペースがありましたの、この症例では、抜歯をして治療をすることにしました。


                 加藤顔口A_10
                   この写真は下の歯列弓です。

             下の前歯と舌の先に約5mm程度のすき間が見られたので、
             正しい舌の運動をすれば、予後は安定すると判断しました。
【抜歯部位】
       4X4.jpg





                    治療前(17y6m)
顔口Aマスク_01 顔口Aマスク_02 顔口Aマスク_03 顔口Aマスク_04
顔口A_05 加顔口A_06 顔口A_07 
顔口A_08 顔口A_09 顔口A_10


                    治療後(21y7m)
めCマスク_01Cマスク_02Cマスク_03Cマスク_04

C_05 C_06 C_07psd
C_08 C_09 C_10


                     【 治療前後の比較 】

横顔の比較
            マスクAC
                  治療前(17y6m)治療後(21y7m)
               中顔面の突出感(横顔の出っ歯感)も消失し、
               とてもバランスの良い顔貌になりました。


歯並びの比較
                     治療前(17y6m)
顔口A_05 顔口A_06 顔口A_07
                     治療後(21y7m)
C_05 C_06 C_07psd


                     治療前(17y6m)
顔口A_08 顔口A_09 顔口A_10
                     治療後(21y7m)
加C_08 C_09 C_10
                    【前歯の傾斜の比較】

        横比較AA  横比較CC

      前歯の傾斜も改善されており、また、前歯で咬みきる事もできるようになりました。


               【口腔前庭の比較】(下の歯列弓の内側の事)

        顔口A_10 C_10
歯列弓の大きさと舌の大きさがきっちりの状態になっています。正しい舌の運動をすれば安定してくれると思います。



             【院長からのメッセージ】

 患者さんは、治療期間4年間でアポイント変更は数回程度で、治療に対して非常に協力的でした。M.K.さんの歯を支えている骨は非常に薄いため、歯の移動には注意が必要でした。したがって治療スピードを通常より少し遅くしました。結果、治療期間が少し長くなりましたが、歯肉、骨にはほぼ損傷無く治療を終えることができました。現在治療後1年6ヶ月が経過していますが、正しい舌の使い方をして非常に安定しています。治療後2年~3年観察を続けます。

 歯並びはもちろん、横顔もとってもきれいになり(もちろん正面も!)良かったですね。この素晴らしい財産をいつまでも大事にしてください。





            【患者さんからのメッセージ】

  院長   : 「特に今回矯正治療を受けようと思った動機は?」

  M.K.さん : 「見た目が気になるのと、前歯で食べ物を噛み切れなかったから。」

  院長   : 「歯並びが悪いことが気持ちの上で(精神的に)影響がありましたか?」

  M.K.さん : 「はい。横から見ると出っ歯なのが丸わかりだったので、横顔を見られるのが嫌でした。」

  院長   : 「治療前に不安はありましたか?」

  M.K.さん : 「痛みに耐えられるか不安でした。」

  院長   : 「治療には何本か歯を抜かないといけないと言われて抵抗はありましたか?

  M.K.さん : 「少しありましたが、その分歯が後ろにいくなら!という気持ちでした。」

  院長   : 「治療期間が約4年間かかりましたが、一番苦しかった事は?嫌だった事は?」

  M.K.さん : 「ご飯のとき矯正器具によく野菜がひっかかったのが嫌でした。」

  院長   : 「治療が終わった今の気分は?」

  M.K.さん : 「横顔を見られるのが嫌ではなくなったり、前歯で食べ物を噛み切れるようになったり、
        悩みがなくなったのでうれしいです。」


  院長   : 「その他何か感想はありませんか?」

  M.K.さん : 「矯正をして昔の写真と比べると、顔の形、アゴがキレイに変化しててそれもうれしかったです。」

  院長   : 「これから矯正治療を受けようかと迷っている人に何かアドバイスは?」

  M.K.さん : 「治療中の痛みはキレイになっている証なので耐えられます!」





スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://osakikyosei1.blog122.fc2.com/tb.php/52-246bc08c
Listed below are links to weblogs that reference
症例6 上下顎前突【上下の前歯の前方傾斜・開口】 from 歯を抜いて行う矯正治療[大凬矯正歯科クリニックの症例集・抜歯矯正]

Home > 抜歯症例 > 症例6 上下顎前突【上下の前歯の前方傾斜・開口】

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。