Home > スポンサー広告 > 症例12 上下顎前突【先天性欠如・上下の前歯の前方傾斜】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://osakikyosei1.blog122.fc2.com/tb.php/58-75b4cafb
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 歯を抜いて行う矯正治療[大凬矯正歯科クリニックの症例集・抜歯矯正]

Home > スポンサー広告 > 症例12 上下顎前突【先天性欠如・上下の前歯の前方傾斜】

Home > 歯を抜いて矯正治療した症例 > 症例12 上下顎前突【先天性欠如・上下の前歯の前方傾斜】

症例12 上下顎前突【先天性欠如・上下の前歯の前方傾斜】

                      症例12

         上下顎前突(先天性欠如・上下の前歯の前方傾斜を伴う)18才9ヶ月  女性
                      【抜歯治療症例】


【主訴】     
   口の内の荒れが歯並びの影響であると思われるため。

【検査の結果】
   上下の骨格のずれ(出っ歯)は無く、上の前歯が前方へ傾斜していることによる上顎前突。

【診断・治療方針】
   下顎前歯の先天性欠如歯を伴う上顎前歯前突。治療方針は、上顎前突症例であるため抜歯による
  治療が必要でした。上下左右のバランスを考え、下の歯が一本足らないので下は左下第一小臼歯
  を(1本)抜歯し、上は、左右上顎第一小臼歯(2本)を抜歯して治療を行う事にしました。
   
【抜歯部位】
   44X04.jpg


【先天欠損歯 (先天欠如歯)】とは、生まれつき数が足りない歯のことです。
              「無歯症」とも呼ばれ、
               全部の歯が欠如している場合を 「全部性(完全)無歯症」、
               部分的に歯が欠如している場合を 「部分的無歯症」 と言います。



                     治療前(18y9m)

1416_A18y9mブ_01 1416_A18y9mブ_02 1416_A18y9mブ_03 1416_A18y9mブ_04

1416A_05 1416A_06 1416A_07
1416A_10 1416A_08 1416A_09



                     治療後(21y11m)
10_04_17_141621y11m_C_01.jpg 10_04_17_141621y11m_C_02.jpg 10_04_17_141621y11m_C_03.jpg 10_04_17_141621y11m_C_04.jpg

10.04.17_1416C_05 10.04.17_1416C_06 10.04.17_1416C_07
10.04.17_1416C_08 10.04.17_1416C_09 10.04.17_1416C_10


                     【 治療前後の比較 】

横顔の比較

               1416横顔A_C
                         治療前(18y9m)治療後(21y11m)
               上唇下唇共に後退し、バランスも良くなりとてもきれいになりました。

歯並びの比較
                     治療前(18y9m)
1416A_05 1416A_06 1416A_07
                     治療後(21y11m)
10.04.17_1416C_05 10.04.17_1416C_06 10.04.17_1416C_07

                     治療前(18y9m)
1416A_10 1416A_08 1416A_09
                     治療後(21y11m)
10.04.17_1416C_08 10.04.17_1416C_09 10.04.17_1416C_10




              【院長からのメッセージ】

 患者さんは非常に矯正治療に協力的で、約3年間の治療期間の間に数回の予約変更があっただけでした。治療中の指示もきっちり守っていただきました。ブラッシングも頑張ってくれました。
 装置が壊れた時もすぐに来院し修復する事ができたので、治療期間も予定どうり終わる事ができました。現在治療後約一年が経過していますが非常に安定しています。もうしばらく様子を見て行く予定です。



             【患者さんからのメッセージ】

院長   : 「 特に今回矯正治療を受けようと思った動機は?」

M.M.さん : 「口内炎に悩まされ、歯並びを指摘されたのでこちらに来ました。」

院長   : 「 歯並びが悪いことが気持ちの上で(精神的に)影響がありましたか?」

M.M.さん : 「特にありませんでした。」

院長    : 「 治療前に不安はありましたか?」

M.M.さん : 「ワイヤーを装着するという不安がありました。」

院長    : 「 歯を抜いて治療することになりましたが、何か不安はありましたか?」

M.M.さん : 「 説明に納得していたので不安はありませんでした。」

院長    : 「 矯正器具を装着する事に抵抗がありましたか?」

M.M.さん : 「ありました。」

院長    : 「 治療期間が約3年間かかりましたが、一番苦しかった事は?嫌だった事は?」

M.M.さん : 「慣れるまで痛くて固いものが食べれなっかた事です。」
                                                   
院長    : 「 治療が終わった今の気分は?」

M.M.さん : 「横顔の印象が変わり、非常に嬉しいです。」

院長    : 「 その他何か感想はありませんか?」

M.M.さん : 「よく告白されるようになりました。」
             
院長    : 「 これから矯正治療を受けようかと迷っている人に何かアドバイスは?」

M.M.さん : 「不安は先生が解消してくれます。迷いは数年後には全くなくなります。」









スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://osakikyosei1.blog122.fc2.com/tb.php/58-75b4cafb
Listed below are links to weblogs that reference
症例12 上下顎前突【先天性欠如・上下の前歯の前方傾斜】 from 歯を抜いて行う矯正治療[大凬矯正歯科クリニックの症例集・抜歯矯正]

Home > 歯を抜いて矯正治療した症例 > 症例12 上下顎前突【先天性欠如・上下の前歯の前方傾斜】

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。